鼻の診療|小野耳鼻咽喉科 吉祥寺 上池袋 狛江 新川 草加

鼻

鼻の病気について

鼻の病気について

鼻は穴の中を通る空気を暖め、湿気を与え、ほこりなどの異物を取り除き、さらににおいを感じるといった、多くの大切な働きがあります。ずっと前からつまっているからいいやなどと言って放置することなく、是非ご相談ください。
代表的な鼻の疾患についてご説明いたします。

主な鼻の病気

このような症状でお困りの方は耳鼻咽喉科にご相談ください

  • 鼻づまりがある
  • 鼻水が止まらない
  • 鼻やほほに痛みがある
  • くしゃみが止まらない
  • 鼻がかゆい
  • 鼻血がとまらなかったり繰り返す

鼻炎

鼻炎には、急性鼻炎、慢性鼻炎があります。
急性鼻炎は鼻腔の粘膜に、様々な原因で炎症が生じた疾患が鼻炎です。そのなかでも急に発症し、短期の経過をたどるタイプを急性鼻炎と称します。急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻風邪です。鼻や喉にウイルスや細菌が侵入して増殖し、炎症を起こした状態です。
鼻みずは水っぽいものから、次第に粘ついたものに変化してきます。細菌に感染してしまうと、黄色い鼻みずが多量に出ます。また、鼻以外の風邪症状、すなわち咳、痰、喉の痛み、発熱、頭痛、寒気、倦怠感、食欲不振などの症状が見られたりします。小児では、いびきが大きくなることもあります。症状が進行して、急性中耳炎や副鼻腔炎、咽頭炎などに至るケースもありますので、軽視せずにしっかり治療することが大切です。

慢性鼻炎とは、鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れる疾患です。急性鼻炎を繰り返したり長引かせたりすると、慢性鼻炎になってしまうことがあります。慢性鼻炎には2つのタイプがあり、単純性鼻炎と肥厚性鼻炎に分けられます。単純性鼻炎は、粘膜が赤く腫れた状態が続くタイプです。肥厚性鼻炎は症状が長引いたことで、粘膜が厚く硬くなってしまったタイプで、血管収縮薬を噴霧しても腫れがとれません。

鼻水

ウィルス疾患は鼻水、咳を引き起こしますが、1週間以上長引いている場合は、もう風邪ではありません。それは風邪に誘発された鼻炎や下気道炎です。鼻水は風邪の後自然に治ることが多いので1週間は様子を見ても良いと思います.それ以上続く場合は小児副鼻腔炎の可能性があります。咳には鼻のどの咳と、気管支の咳があります。咳止めを飲めばそれで良いというものではありません。鼻の咳は派手で長引きますが重大な問題を引き起こすことはありません。しかし気管支の咳はもとに喘息が隠れていたり、気管支炎で肺炎に続く場合があり大切です。でも気管支の咳と鼻の咳を区別することは本当は鼻から気管支まで一緒に見なければ分からないものなのです。ですから小児科ではすぐ気管支炎ですと診断されやすいですし、耳鼻科では鼻のどの咳として処理されがちです。私たちの医院では、小児科的立場と、耳鼻科的見方から患者さんを見ております。

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。風邪と違って、喉の痛みや熱などは伴いません。アレルギー性鼻炎には2種類あり、

  • 通年性(原因):家の埃やダニの糞・死骸など
  • 季節性(原因):ペットのフケやカビも原因となります。花粉症もアレルギー性鼻炎の一種です

症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。

花粉症

現在の統計では花粉症の人口は1000万人以上に上り、もはや国民病とも言われています。また今まで花粉症では無かった人が突然花粉症になることも怏々としてあるようです。原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など様々な要因が考えられていますが、基本的に戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が多くなっているのが原因とも言われています。

スギ花粉の大きさは、飛んでいる状態では1mmの30分の1程度の大きさです。1粒1粒の花粉は目に見えませんが、たくさん集まると黄色い粉のようにみえます。 アレルギーを引き起こす物質は、以前はスギ花粉の中にあると考えられていましたが、最近では外側の膜の表面に多いことがわかってきました。 以下の症状が毎年決まった時期に表れる方は要注意です

  • 鼻の症状:たて続けのくしゃみ、水のように流れる鼻水、鼻づまり
  • 目の症状:目のかゆみ、ゴロゴロ、充血、涙
花粉症の予防法

花粉症の予防といえばまずは花粉を避けること。花粉を吸い込まないことが何よりの予防です。とは言っても現実には接触をゼロにすることは不可能。
そこで、少しでも吸い込む量を減らすようにマスクやメガネをすることが第一の予防法です。また、自分が反応する花粉や飛び方のパターン等、時期や特徴を把握することが大切です。

日常生活での注意事項

花粉症は、花粉を吸入・吸着することが直接の原因になりますが、目や鼻だけでなく、自律神経も過敏になり、気温の変化や肉体的、精神的な過労がきっかけになって症状がでやすくなります。
従って、日ごろから規則正しい生活を心がけ、体調をベストな状態に保ち、なによりもストレスをためないようにしておくことが症状をひどくしないために重要であるといえます。
鼻の粘膜でおきたアレルギー反応は自律神経系を介して、くしゃみ・鼻水がでます。運動不足による体力の衰えや、冷暖房の中でぬくぬくと暮らしているうちに暑さ寒さに対する適応力が低下して自律神経系のバランスがくずれやすくなってしまいます。
適度な運動や乾布まさつ、日光浴等で体や心にかかるストレスを上手にコントロールしましょう。

花粉症の治療法

花粉情報に注意し花粉が飛び始める1、2週間前からアレルギー症状を抑える 予防薬(抗アレルギー剤)の事前投薬をお勧めします。これを花粉のシーズン中も継続することにより症状が比較的軽く済ませることができます。あらかじめ抗アレルギー剤をのんでいると、花粉が飛び始めの初期から中期まで症状を抑えることができます。
また花粉ピークの時には症状が押さえきれない場合もありますが、その場合は薬を変えて対応し強い薬を飲む期間を極力短くする事ができます。
抗アレルギー剤は体質に応じて何種類かあり、また健康保険が適用されるものもあるので医師に相談しましょう。

副鼻腔炎

副鼻腔炎

風邪症状の後、鼻炎がひどい時、頬が痛くなったり、頭痛や頭重感、黄色い鼻汁、鼻づまりなどの症状に悩まされたりしてませんか? それらは、副鼻腔炎(フクビクエン)、いわゆる蓄膿症(ちくのうしょう)による症状かもしれません。
副鼻腔は、頬のあたり(上顎洞)、眼球の内側(篩骨洞)、眉間のあたり(前頭洞)、篩骨洞の奥(蝶形洞)と左右四対あり、鼻腔とつながっています。
その副鼻腔(ふくびく)の炎症が、副鼻腔炎(ふくびくえん)といいます。その位置からわかるように、中耳炎を併発したり、頭のほうに炎症が波及すると髄膜炎(ズイマクエン)になってしまったりすることがあり、放っておいてよい病気ではありません。
ここでは、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、小児副鼻腔炎について述べたいと思います。

急性副鼻腔炎

風邪症状(ウィルスや細菌感染)の後におこることが主です。また、アレルギー性の炎症に引き続き起こったり、虫歯が原因で起こることもあります。
鼻から綿棒で細菌の検査をすると、肺炎球菌(ハイエンキュウキン)、インフルエンザ菌(インフルエンザウィルスとは異なります)、ブドウ球菌というような、一般的な風邪の原因となる細菌が検出されます。症状は、黄色い鼻汁、鼻づまり、頬の痛み、頭痛、鼻の周りの痛み、においがわからなくなるなどです。治療は、抗生剤等の薬剤の服用(ひどいときは点滴や注射)、鼻から穴をあけて洗う処置(上顎洞穿刺・洗浄)(じょうがくどうせんし・せんじょう)、鼻汁の吸引、ネブライザー(吸入器)お薬の吸入治療などです。

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)

急性炎症の繰り返しに遺伝体質や体の健康状態や大気汚染などの要素が加わり、長期にわたって、副鼻腔に膿が溜まってしまった状態をさします。また、アレルギーで鼻の粘膜が腫れていたり、鼻にポリープ(昔は鼻たけ・鼻茸といいました)があったり、鼻の真ん中の軟骨が曲がっていたりなどの形態があると、慢性副鼻腔炎になりやすいです。 症状は、急性副鼻腔炎とほぼ同様です。

細菌検査では、急性副鼻腔炎の時に見つかりやすい細菌に加え、様々なものが混在しています。糖尿病があったり、ステロイド剤を使用していたりすると、真菌(カビ)が見つかることもあります。真菌が原因の時は、抗生剤は効かないので、鼻から穴をあけて洗う処置を行ったり、それでも治らなければ、手術が必要になります。
真菌症以外は、急性副鼻腔炎で述べた治療を行います。また、アレルギーがひどいときはレーザー治療を行います。ポリープや鼻の曲がりがひどく治りが悪いときは、やはり手術が必要です。

現在各病院にて、手術は内視鏡という細長いカメラで行うことが多くなっており、患者さんの肉体的、精神的苦痛は減っています。しかし、病状に応じて歯ぐきから切る従来の手術方法が必要な場合もあります。

小児副鼻腔炎

子供はしょっちゅう鼻を垂らすものですが、それを完璧に止めることが良いことではありません。月に1、2回は風邪を引くのでその度に鼻水はでます。それを完全に止めるにはいつも薬を飲むはめになります。しかし昔の洟垂れ坊主の様にずっと鼻が出て、鼻の下に線路の様なかぶれができている子供は小児副鼻腔炎です。小児副鼻腔炎のいけない所はそれが手術が必要な大人の慢性副鼻腔炎につながるからです。また慢性の滲出性中耳炎を引き起こし、さらに大人の慢性中耳炎に続いていきます。ではどの段階で耳鼻科医に見てもらうのが良いのでしょうか。まず鼻水の色、粘性です。色の付いた、ねばい鼻水が10日以上続くようならそろそろ心配した方が良いでしょう。しかし先ほど言ったように風邪を続けて引くと鼻水が10日以上続くのは当然です。それでも鼻としては副鼻腔炎が進むことは考えなければなりません。基本的に小児科医は鼻炎に抗生剤を使いません。それは細菌の薬剤抵抗性を防ぐ正当な理由があります。しかし副鼻腔炎は抗生剤なしにはなかなか治りません。ですから長引く鼻水は耳鼻科に行って見てもらいましょう。副鼻腔炎の原因菌であるインフルエンザ桿菌、肺炎球菌は年々抗生剤に抵抗性を持って来ているのは事実です。しかし抗生剤のおかげで慢性の副鼻腔炎や中耳炎が減っているのも事実なのです。

鼻出血

鼻、特に鼻腔からの出血のことです。正式には「鼻出血」と称されます。
鼻出血の大半は、キーゼルバッハ部位という場所からのものです。キーゼルバッハ部位は、鼻に指を少し入れた時に指先が内側(鼻中隔)に触れる部分です。ここは薄い粘膜でできているうえ、たくさんの毛細血管が網の目のように走っているので、ちょっと傷がついただけで出血します。この出血を止めるには、親指と人差し指で小鼻をつまんで圧迫するのが、簡単かつ効果的です。
※鼻血が命にかかわるようなことは滅多にありませんが、出血がなかなか止まらなかったり、それが大量だったりした場合、また鼻血を頻繁に繰り返すようなら、耳鼻咽喉科を受診してください。
※成人の鼻血の原因で、たいへん多いのが高血圧です。高血圧は、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる疾患の危険因子でもありますので、血圧コントロールが欠かせません。

後鼻漏(こうびろう)

鼻漏(びろう)とは、鼻水(鼻汁)のことを言います。
鼻水が前に垂れることを「鼻水が出る(前鼻漏)」と言いますが、後ろ(のど側)に流れることを後鼻漏(こうびろう)と言います。普段はサラサラした鼻水が喉に降りてくるため、違和感はありません。しかし鼻炎や副鼻腔炎を患っている場合は、鼻水の量が増えます。さらにその鼻水は、ネバネバとした粘り気のあるものがほとんどです。
鼻水が喉に流れることによってノドの炎症を引き起こし、さらに鼻水が気管に入ると咳の原因にもなります。痰や口臭など他の症状の誘因にもなりやすいことから、悪化予防をするために早めの治療対策がおすすめです。

診療内容

幹友会 小野耳鼻咽喉科分院のご案内

  • 吉祥寺(本院)
  • 新川分院
  • 狛江分院
  • 上池袋分院
  • 草加分院